覚悟を決めて実家のドアを開ける [住まい・家族・生活]

朝、文庫本を持っていきつけのコーヒーショップへ。
安否確認wを兼ねたいつもの定期メールを母へ。

「おはようございます。今日はいい天気。その後、体の具合はどうですか?」

この前書店で手に入れて、ほぼ読んでいないに等しい土屋賢二の『教授の異常な弁解』(文春文庫)を開いて笑い転げているうちに(もとより、心の中でねw)、ふと母からの返事がこないのに気付く。

いつもなら5分もたつかたたないかのうちに、画面一杯に元気あふれるメールが届くのに、今日は30分たっても届かない。

あれ?
気付かないのかな?

さらに土屋賢二を読み進む。
電話してみた。
出ない。
あれ?
家電にかけても留守電になるだけ。
出掛ける話は聞いてなかったし。

徐々に、不安になる。

とうにコーヒーなど飲み終えていたが、もう一服だけして、帰宅。
私が散歩に出ると言ったとき、和子が言ったとおりに、家にはだあれもいなかった。
和子はフラダンス、のぞみは学校だったか、清志郎はサッカー。

クルマの鍵を持って実家へ。
不思議に漠然とした不安感は高まらない。
RCのトランジスタラジオなんぞをフルボリュームでかける。

ふと一昨年、母親をなくした友人の話を思い出す。
110番が先か119番が先か、などと冷静に考えている。
実家の住所を反芻する。
よし、これでいい!

エレベーターに乗り合わせた母親と3人の子どもの可愛さに目がいく。
小さな男の子(4歳くらいか)が母親にべったりする姿が愛らしい。
子どもたちは純粋な日本人の顔なのに、なぜか母親がアジア系なのはなんでなんだ?などと考えている私。

9階につく。
別に急ぎもせずに実家のドアの前に立ち、ドアホンを鳴らし、同時に鍵穴に鍵を差し込み、ドアを開ける。

「おか〜さん!」
大声で呼ぶが家はしんと静まり返っている。
廊下を通りリビングへ。
誰もいない。

3つの部屋、トイレ、風呂場を順次見回るがどこにも姿は見えない。
念のためクローゼットをあけても、いるはずもなし。

リビングには、今日の朝刊。
同じ朝日新聞なので、一面の見出しを見ただけで今朝のだとわかる。

なんとリビングのテーブルには、母のケータイが着信を示す点滅をしたままで放置されているではないかw
ちょこっとだけお腹が空いたので、冷蔵庫を漁るw
チーズとワインがあったが、さすがにワインは遠慮w
トーストとチーズでとりあえずお腹を満たした。

かれこれ2時間ほど居たのだろうか。
こりゃあ、旅行にでも出掛けたなと思い、帰宅。

そうそう。
家の掃除するって和子と約束しちゃったしな。
フラからもう戻ってる時間だよな。
怒ってるんだろうな、などと思いながら、帰りのクルマではHelloweenの『The Time of the Oath』かGamma Rayの『Blast From The Past』のどっちをかけるか考えつつ、結局、Impellitteriの『Answer To The Master』を聴いてしまった私w

やはり和子は帰宅していて、「どうしたの? お掃除、してくれてなかったの」ってなわけで、事情を話すと、和子は、「あなたね、そうそうあのお母さんがw、そんな簡単に凸んじゃうはずないでしょ?」というwww。

どっしりしてるってのか、物に動じないってのかw

私:でもさ、かれこれしかじかでさ、心配しちゃうのも当然でしょ?
和子:だけどね、ケータイ持っていかないで出掛けるのもわかるような気がするわ。
私:どうして?
和子:だって、あなた、やたらとメールとかするじゃない? 旅行かどうか知らないけど、でかけるときくらいケータイから解放されたいんじゃないの?(あなたのメールからw)
(ここでのぞみが参戦)
のぞみ:でもさ、ケータイ持って歩かないなんて、意味ないんじゃないの?
和子:まあ、そうだけどねw
和子:でも、あなたみたいにそんなことでいちいち反応しちゃう性格って、人生を乗り越えていくには、けっこう大変そうよね。
私:うん。ボクの性格のベースには小心者っていう部分があるんだよw だけど、それって、いわゆる「自己の確立」の過程で克服していったんだよ。だから、どんなに高名な学者でも弁護士でも、物怖じなんかしないで、話をすることができるようになった。
 だけどさ、「家族」に関しては、ずっと動揺しちゃうんだ。
 たとえば、キミの帰りが遅かったりすると、けっこう気にしちゃったりするんだよw
 (「だけど、最近はキミの帰りが遅くなっても、その時間、酔っぱらっちゃってるから、気にしようにも気にすることができないんだ」、なんぞとは言えなかったがwww)

私は小心者ではあるが、どこぞの出版社の社長のように「小物」ではない!w
さりとて、大物であるとまでは言わない。
もっとも、悪友や先輩や私を良く知る知人(このまえのデザイナー氏すら)、理事仲間は私のことを「ある意味では大物だ」と言うのだが。。。。www

まあ、その「ある意味では」という限定が意味を持つわけだがwww

結局、母親から電話が入ったのは、いまさっき。
「あれ?言ってなかったっけ?今日は身障者のサークルのバスハイクだったのよ!」

母は心臓疾患で1級の身障者手帳を交付されて久しい。
内疾患だけに、どこが身障者?という雰囲気なのだがwww

とても元気そうな声だったことは言うまでもない。
「心配かけちゃったみたいだね。お土産、買って来たから、今度渡すからね!」

まだまだ元気で居て欲しい。

そういえば、この前のメールでこう書いてあった。
あと15年は生きるつもり。。。。w
もう80に手が届くんじゃなかったかwww

さて。
もう5時に近いし、一杯飲むかなw
休みの日は、これだからいいねwww
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます